あなたのホームページ名
NEWS

レーシックは、利用者の状態によっては手術を受けることが出来ません。

レーシックの失敗例

レーシックの盛んなアメリカにおいて1%以下という低い割合ながら、術後に合併症が発生することもあります。

手術後には、感染予防や炎症を抑える為の点眼が必要になり、その影響からか術後の2〜3ヶ月は涙の分泌が減少すると言われています。
その為、ドライアイの症状を訴える場合が多く、その後も涙の分泌が快復されずにドライアイになってしまうことがあります。

また、角膜の上皮が完全に癒着し快復するまでの間に細菌が侵入し、感染症を起こす場合があります。
術後のケアを怠らなければ殆どの場合起こらないようですが、万が一起こって眼球が白濁しても早期治療により直すことが可能です。


レーシックリンク集

HOME
リンク
おすすめリンク
DIP-E03-1-トップ
便利サイト